前田利長公墓所(高岡市)

 前田利長公墓所は、高岡の町を開いた加賀前田家2代当主前田利長の墓所。加賀前田家3代当主前田利常が、兄の2代当主利長の冥福を祈り、遺徳を称えるため、その33回忌にあたる1646年に、利長の遺骸を火葬に付した跡に造営した御廟。墓域は、外堀、内堀の二重の堀で囲まれ、その中心に一辺15.5mの御廟がある。瑞龍寺から石灯籠の続く八丁道の先にあり…
コメント:0

続きを読むread more