松江城(松江市)

 松江城は、堀尾吉晴により宍道湖のほとりの亀田山(標高28m)亀田山に5年の歳月をかけ1611年に完成したお城。全国に現存する12天守の一つで、屋根が羽を広げたように見えることから別名「千鳥城」とも呼ばれている。その後、京極氏、松平氏と続き、明治維新まで続いたそうだ。特に、松平氏7代藩主である松平治郷は、茶の道にも通じ、茶道石州流不昧派…
コメント:0

続きを読むread more