立川マシマシ9号店 中ラーメン(名古屋市中村区)

 「立川マシマシ9号店」は、名古屋市道広井町線(名駅通)の中央郵便局北交差点から、JRや名鉄の高架下方面に徒歩3分ほどのところにあるお店。東京立川の二郎系ラーメンの人気店である味を、名古屋でも味わうことができる。店内はカウンター席のみで、まさにラーメン店といった雰囲気だ。
 今回注文したのは、中ラーメン(麺300g)の野菜少なめ(200g)・背脂の量普通を選択した。他のお店で、麺200g・野菜200gだと少し物足りなかったので、少し多めにしてみた。見た目は、相変わらずの迫力。このポークステーキのような、チャーシューの塊に200gと言えどキャベツともやしの山に、背脂が雪化粧のように盛られている。食べてみると、スープは野菜や背脂からでる甘味が強めで、醤油のコクやキレが足されていて美味しい。二郎系ラーメンとしては、非常に飲みやすいスープだと思う。ただ、飲みやすいと言っても、背脂をかなり多く含んでいるので限度がある。途中から、飽きやくどさを感じてしまうのは否めない。麺は縮れ太麺で、かなり食べ応えのある麺だ。コシもしっかりあり、300gもあるとアゴも疲れてくる。それよりも、麺300gってこんなに量があったっけと感じるのも二郎系のお店ならではだろう。もはや若くないとはいえ、麺300gがここまできついとは思わなかった。麺を増すのではなく、野菜を増すべきだったと感じた。具材は、大きなチャーシュー、野菜(キャベツともやし)、背脂と王道のトッピング。大きなチャーシューは、硬いかと思いきや、すっと歯の入る柔らかさ。脂身が多いのも事実だが、身は柔らかくてジューシー。これなら、大きくても最後まで美味しく食べられる。名古屋で美味しい二郎系ラーメンを食べられるお店だ。値段は、800円(税込)。
立川マシマシ9号店 中ラーメン2.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント