岡山城(岡山市北区)

 1597年に、豊臣五大老の一人である宇喜多秀家が8年の歳月を費やして築城した。全国的にも珍しい不等辺五角形の形をした三層六階建の天守閣は、黒い下見板張りの外観から別名「烏城(うじょう)」と呼ばれている。関ヶ原の合戦で敗北するまで、領国内の商人や職人を集め、城下町の整備を行っていた。その後、秀家に代わって城主となった小早川秀秋は、それまでの西側の外堀の外に新たに外堀を設け、寺町を配置し手拡張を行ったが、夭折(ようせつ)してしまい、幕藩体制の下で池田家を藩主として明治維新に至った。なお、築城当時の天守閣は昭和20年の空襲で焼失したが、現在は再建され、城主の間などが復元された。
岡山城.JPG

営業時間   9:00~17:30(入場は17:00まで)
料金     常設展:大人320円、小・中学生130円
       [共通券]
       岡山城・後楽園:大人580円
       岡山城・後楽園・林原美術館:大人980円
交通アクセス JR岡山駅から路面電車東山行き城下電停下車、徒歩約10分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント