岡山城(岡山市北区)

 1597年に、豊臣五大老の一人である宇喜多秀家が8年の歳月を費やして築城した。全国的にも珍しい不等辺五角形の形をした三層六階建の天守閣は、黒い下見板張りの外観から別名「烏城(うじょう)」と呼ばれている。関ヶ原の合戦で敗北するまで、領国内の商人や職人を集め、城下町の整備を行っていた。その後、秀家に代わって城主となった小早川秀秋は、それま…
コメント:0

続きを読むread more