今治城(今治市)

 1604年に藤堂高虎が、2年の歳月をかけて完成したお城。関が原の戦い後に伊予半国20万石を領し、それまで唐小山山頂にあった国府城に代えて築城した。海水を引き込んだ堀は全国的にもめずらしいとお城で、城内の港として国内最大級の船入を備えた日本屈指の海城だった。明治維新後に建造物のほとんどが取り壊され内堀と石垣だけとなったが、昭和55年に本丸、二ノ丸、鉄御門等が復元された。鉄御門は虎口を石垣や櫓門で囲って枡形とし、櫓門の門扉や桂に鉄板を張り付けて鉄御門としている。城郭の要所要所に強固な枡形を配置するのが高虎の縄張の特徴で、平成19年に鉄御門が再建され、往時の威容をおおむね取戻すこととなった。城内には、多くの資料が展示されている。
今治城4.JPG
館内案内
1F 観覧券売場、管理事務所、トイレ
2F 今治藩主甲冑・藩刀匠の刀・槍・薙刀・火縄銃・その他の武具・今治城絵図・調度品
3F 今治藩主遺墨・徳川将軍の朱印状・その他の書画
4F 企画展示
5F 全国城郭写真・郷土史略年表
6F 展望台
多聞櫓 貝類標本・鳥類の剥製・鉱石、その他自然科学資料
御金櫓 郷土出身作家による現代美術館
山里櫓 武具や古美術品の展示
鉄御門・武具櫓 忠実に再現復元し、内部を公開

開館時間   9:00~17:00
観覧料    一般520円、学生260円、高校生以下または18歳未満0円
       高齢者(65歳以上)420円
交通アクセス JR予讃線今治駅から、せとうちバス「今治営業所行」今治城前下車

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント