福井城跡(福井市)

 福井城は、徳川家康のニ男である結城秀康が1606年に築城したお城。初代福井藩主となってから、約270年間にわたり越前の繁栄を築いた。当時は四重五階の天守閣があったそうだが、現在は石垣と堀の一部が残され、本丸跡には福井県庁、県会議事堂、県警察本部、公園等がある。
福井城跡3.JPG
・福井城天守跡
福井城天守跡.JPG
・結城秀康公像
結城秀康公像.JPG
JR福井駅から徒歩5分

"福井城跡(福井市)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント