高岡山瑞龍寺(高岡市)

 瑞龍寺は、加賀前田家3代当主前田利常によって建立されたお寺で、高岡の開祖である2代目当主前田利長の菩提寺。加賀藩百二十万石の財力を示す建物で、1997年に山門、仏殿、法堂が建造物として国宝に指定されている。また、総門や禅堂、大庫裏、大茶堂、回廊三棟が重要文化財として指定され、江戸初期の禅宗寺院建築として高く評価されている。
・仏殿
瑞龍寺仏殿.JPG
・総門
瑞龍寺総門.JPG
・山門
瑞龍寺山門.JPG
拝観時間 通常 9:00~16:30
     冬季 9:00~16:00
拝観料     大人500円 中高生200円 小学生100円
交通アクセス  JR高岡駅下車 徒歩10分
        加越能バス「瑞龍寺口」下車 徒歩5分

"高岡山瑞龍寺(高岡市)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント