らー麺や カツカレー麺(名古屋市中区)

 「らー麺や」は、愛知県道60号名古屋長久手線広小路東栄交差点から東栄通沿いを南下し、池田公園に着く途中にあるお店。様々な味のラーメンを始め、チャーハン等の飯類、餃子や唐揚げ等のおつまみを味わうことができる。店内はカウンター席とテーブル席があり、中華料理屋のような雰囲気だ。テレビや雑誌等の取材が来るお店で、壁には芸能人やアナウンサー等のサイン色紙が張られている。
 今回注文したのは、カツカレー麺。当店おすすめと書かれていたのと、口コミでもカツカレー麺を推す声が多かったので、注文してみることにした。見た目は、中央に載せられた卵黄ととんかつのインパクトが強いラーメンで、漂ってくるカレーの香りが実に美味しそうだ。食べてみると、カレースープは辛さが全くないマイルドなスープで美味しい。動物系と魚介系のダシがしっかり効いているので、辛さは無くても満足十分、どこか若鯱家のカレーを思わせるようなテイストだ。カレーラーメンというと、とろみのあるイメージだが、ここのスープはさらさらしたスープで、普通の醤油ラーメンを食べているような感覚だ。麺は中細の縮れ麺で、カレースープの絡み具合もちょうど良い。啜ったときに、カレーの香りが口の中に広がる。さらさらしたスープなので、啜りやすくより一層カレーの香りを味わえる。具材は、卵黄、とんかつ、ネギと面白いラインナップ。特にとんかつは、その身が柔らかくカツカレーを食べているような感覚。スープに浸っていないサクサクした衣と、カレースープに浸った部分の対比も面白い。また、卵黄でさらにスープがまろやかになる。残ったスープに、ご飯を投入してカレーライスとして食べるのもありだと思う。違和感満載のメニューだったが、テレビや雑誌の取材がくるのも頷けるお店だ。値段は、950円(税込)。
らー麺や カツカレー麺 950円(税込).jpg

"らー麺や カツカレー麺(名古屋市中区)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント