前田利長公墓所(高岡市)

 前田利長公墓所は、高岡の町を開いた加賀前田家2代当主前田利長の墓所。加賀前田家3代当主前田利常が、兄の2代当主利長の冥福を祈り、遺徳を称えるため、その33回忌にあたる1646年に、利長の遺骸を火葬に付した跡に造営した御廟。墓域は、外堀、内堀の二重の堀で囲まれ、その中心に一辺15.5mの御廟がある。瑞龍寺から石灯籠の続く八丁道の先にあり、大名個人の墓としては最大級の規模を誇っているそうだ。基壇の周囲には、狩野探幽の下絵と伝承される130枚の蓮華図が刻まれ、毎年9月13日(前田利長が高岡に入城した日)に行われる前田利長公顕彰祭の時だけ、御廟のある墓域が一般公開される。

交通アクセス JR高岡駅から徒歩15分
前田利長公墓所.JPG


"前田利長公墓所(高岡市)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント