まあるい月 どら焼き つぶあん(名古屋市昭和区)

 「まあるい月」は、名古屋市道山王線(山王通)沿いの鶴舞三丁目交差点近くにあるお店。一宮市の野田養鶏園の卵、愛知県産のきぬあかりの小麦粉を使用した素材と手焼きにこだわるどら焼き専門店。テイクアウト専門のお店で、つぶあん(北海道産小豆)、こしあん(北海道産小豆)、芋あん(徳島県産なると金時)、抹茶(西尾赤堀製茶葉)、栗(栗の甘露煮入)の5種類の味を楽しむことができる。
 今回購入したのは、どら焼きのつぶあん。個人的に餡子は、つぶあんの方が好みなので選択することにした。見た目は、こんがりと焼けたどら焼きの表面の色合いが良く、美味しそうだ。食べてみると、生地がふわっとした食感で、まるでパンケーキのようだ。なかのつぶあんの小豆も、甘さがしっかり抑えられていて、小豆の美味しさをしっかりと感じることができる。皮の小麦の香りと小豆のほのかな甘さが、どら焼きの一体感を演出している。どら焼き専門店というだけあって値段は高めだが、美味しいどら焼きをあじわうことができる。値段は、250円(税込)。
まあるい月 どら焼きつぶあん2.JPG
まあるい月 どら焼きつぶあん4.JPG

"まあるい月 どら焼き つぶあん(名古屋市昭和区)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント