そば処 司津屋 鴨ざるそば(京都市上京区)

 「そば処 司津屋」は、賀茂川方面から出町柳商店街を通り過ぎた先にあるお店で、寺町通りと交差することろにある。地元の人に人気のお店で、蕎麦や饂飩、丼ものを味わうことができる。店内はテーブル席で、京都らしい落ちついて雰囲気だ。
 今回注文したのは、鴨ざるそば。関西圏に来たら、ついつい鴨のついたメニューに惹かれてしまう。見た目は、王道の細麺タイプの蕎麦に、鴨の脂が表面に膜を張ったツユがあって美味しそうだ。食べてみると、蕎麦はなめらかな舌触りで喉越しも良い。また、ほどよいコシが感じられ、蕎麦の香りもフワッと広がる。蕎麦本来の美味しさをしっかり感じられる。そして、何と言っても鴨を使用したつけ汁が特に美味しい。鰹などのダシが効いたツユに、鴨の良い脂が溶け込んで、最高の香りと旨味。このつけ汁なら、どれだけでも飲んでいたいと思わせる美味しさ。美味しい蕎麦を美味しいつけ汁に付けて食べると、こんなの不味いわけがない。あっという間に食べ終えてしまった。最後に、そば湯を味わえるのも嬉しい限りだ。たまたま見つけたお店だが、まさに隠れた名店といった感じだろうか。値段は、900円(税込)。
そば処 司津屋 鴨ざるそば2.jpg

"そば処 司津屋 鴨ざるそば(京都市上京区)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント