安曇野市豊科近代美術館(安曇野市)

 「安曇野市豊科近代美術館」は、平成4年に豊科地区のメイン文化施設である豊科近代美術館として開館した美術館。その後、平成17年に安曇野市豊科近代美術館に名称変更された。近代彫刻の巨匠である高田博厚の彫刻作品や、森鴎外ゆかりの画家である宮芳平の絵画作品が、その他にも、安曇野出身の作家である小林邦のデッサン、スケッチブック等も収蔵されている。1階が常設展示室、2階が企画展示室になっている。 また、重厚感あるロマネスク様式の中世修道院をイメージした建物とバラを中心とした庭園があり、一般に無料開放されている。
豊科近代美術館.JPG
入館時間   9:00~16:30
入館料    大人500円、大学生・高校生300円
交通アクセス JR豊科駅から徒歩約10分

"安曇野市豊科近代美術館(安曇野市)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント