ゆたか寿し 並寿司と大あさり焼き(愛知県美浜町)

 「ゆたか寿し」は、 愛知県道275号道奥田河和線沿い、河和駅向かいにあるお店。 定番のにぎり寿しからお昼のランチ、会席料理等を味わうことができる。店内は、カウンター席やテーブル席があり、老舗のお店のような雰囲気だ。地元の客さんの訪れるお店で、古中学生か高校生の娘さんと思われる子たちが2人が忙しそうに頑張っている光景は、見ていて実に微笑ましい。
 今回注文したのは、並寿司と大あさり焼き。一番人気のメニューと、名物の大あさりを注文することにした。見た目にも美しい、寿司屋の王道のお寿司と、大きなあさりが実に美味しそうだ。なお、お寿司には無料で赤だしが付いてくる。
 食べてみると、お寿司は丁寧に仕事がされたネタに、少し大きめのシャリで食べ応え十分。シャリのお酢の閉まり具合と、臭みの無い新鮮なネタや、穴子やイカに塗られた甘めのタレ、鉄火巻きの海苔の風味、どれをとっても素材の味がしっかり感じられて美味しい。また、醤油は旨味たっぷりの濃口醤油で、ネタの旨味と見事なバランスがとれているのが素晴らしい。久しぶりに、町中のお寿司屋さんのお寿司を食べたが、このクオリティーはかなりのもの。赤だしも、鰹や昆布のダシがしっかり効いた、赤味噌を使用した味噌汁で、味噌のコクと旨味と鰹や昆布の旨味がしっかりマッチ。体に染みわたるような味噌汁だ。大あさり焼きは貝自身が大きいので、身も柔らかく貝の旨味を口いっぱいに味わえる。貝殻に残った汁は、貝の旨味と醤油のコクや旨味が溢れており、それを飲むと何とも言えまない幸福感。大あさりは、厳密に言うとアサリとは別の種類の貝だが、思った以上に美味しい。さすが、知多半島や渥美半島の名物となっているだけのことはある。駅前にあったので、らっと立ち寄ったお店だが、十分満足できるお寿司を味わえるお店だと思う。値段は、並寿司1000円(税抜)と大あさり450円(税抜)だ。
ゆたか寿し 並寿司 1000円(税抜).jpg
ゆたか寿し 大あさり焼き 450円(税抜).jpg

"ゆたか寿し 並寿司と大あさり焼き(愛知県美浜町)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント